お金借りる 公務員 会社員

銀行カードローンは公務員・会社員におすすめなのか

公務員や会社員はお金を非常に借りやすい立場にあると言えます。消費者金融から融資を受けるのは可能ですが、最初は銀行系カードローンに挑戦してみましょう。銀行のほうが消費者金融より金利が低いですし、限度額も低く抑えられているのです。銀行系カードローンは金利が低く、これは返済総額を減らせるという意味でもあります。お金は借りれば借りるほど返済が大変になるので、必要以上に借りるのは得策ではありません。確かに公務員や会社員は返済能力が高いですが、必要な範囲を超えて借りると返せなくなります。

 

公務員や会社員の方にはぜひともハードルが高めのローンをおすすめします。ハードルが高い、つまり審査が難しいローンはネガティブなイメージがあるかもしれませんが、融資条件がよいという大きなメリットもあるのです。低金利だと利息を抑えられますから、ローンにおける手数料を減らすことができます。ローンの手数料の中で利息を超えるものは存在しません。つまり利息をいかに抑えるかが正しいローンの利用法と言えます。

 

銀行系カードローンは消費者金融と比べて数%も金利が低いです。数%は微々たる違いと思うかもしれませんが、これが住宅ローンだと非常に大きな違いとなります。借り入れ総額が大きくなると、たった1%の金利でも無視することはできません。金利を抑えるためには借入先を精査するしかないのです。借りてしまってから金利引き下げ交渉をしても、成功率は極めて低いものになります。

 

最初から低金利で借りることが何よりも重要なので、低金利で貸してくれる銀行系カードローンがおすすめです。カードローンはどれも同じではなく、借入先によって融資条件がまったく違ってきます。総量規制の対象外になるメリットもあるので、まとまった借り入れをしたい方にも適しています。将来的に年収の3分の1を超えて借り入れする場合、消費者金融だと不可となるのです。銀行系なら年収の3分の1を超えた借り入れにも対応してくれます。

関連ページ

専業主婦でも申し込めるカードローンはあるの?
仕事をしていない専業主婦が申し込めるカードローンについて解説しています。申し込む際の注意点や旦那の承諾、提出書類など、専業主婦が気になる情報をまとめました。
年金受給者が借りれるカードローンと年金担保融資
年金を受給している人がお金を借りられる方法をご紹介!銀行カードローンや消費者金融、年金を担保にした融資制度について、それぞれの特徴や申込方法をご案内しています。
個人事業主・自営業がお金を借りる方法
個人事業主や自営業、フリーランスの人がお金を借りられる公的制度やカードローン、キャッシングをご紹介しています。資金繰りや生活費に悩んでいる人必見の情報です!
パート・アルバイトがお金を借りるポイント
パートやアルバイトでもOKな借入先はどこ?申し込む時の注意点やポイントは?などの疑問にお答えします。安心して借りられる人気の最新カードローン情報も公開中です!
派遣や契約社員が申し込めるカードローン
正社員じゃなくても借りられるカードローン・キャッシングをご紹介!「今日中に借りたい」「スマホだけで借りたい」「家族に内緒にしたい」などの希望に合った借入先を紹介しています。
学生だってお金を借りたい!おすすめ借入先
大学生でも安心して申し込めるカードローン・キャッシングを公開しています。申込に必要な条件や用意する書類など、初めて申し込む学生向けの情報満載です!
外国籍の人がカードローンに申し込む
外国籍でもカードローンに申し込めるのか?審査に影響はないのか?など、外国人が借入する上で気になる情報をまとめてご紹介。おすすめのカードローン情報もあります!
水商売でも借りれるカードローン比較
夜の仕事をしているキャバ嬢やホストの人はお金を借りられるのか?調べてみました。審査通過のポイントや人気カードローンを比較してご紹介しています。