お金借りる 外国籍 カードローン

お金を借りたい外国人向けカードローン情報

外国人でもカードローンやキャッシングでお金を借りる方法はありますが、いくつかの条件があります。このような条件をクリアして始めて日本人と同じように申し込むことができ、審査に通過すればお金を借りられるということになります。

 

まず、日本に在留資格を得ている必要があります。観光や出張などの目的で短期間だけ日本に滞在しているような人は申し込むことはできません。あくまで在留資格があるだけでよく、日本に帰化して日本国籍を有している人である必要はありません。国籍としては外国籍でも問題はありませんが、一時的な滞在ではないことが条件です。

 

また、日本語の会話や読み書きがある程度はできる必要があります。これは、カードローンやキャッシングの申し込み手続きの説明とか書類への記載は全て日本語で行うことが求められるためです。

 

会話の理解については、個人的に通訳を雇って通訳を通じて理解することでも構いませんし、書類への記載も本人自筆の箇所以外は日本語を書ける人に代筆してもらっても構いませんが、いずれもあまり現実的な話ではないでしょう。申し込みや契約の手続きに支障がない程度には日本語に堪能であることは事実上条件の一つとなっています。

 

この2つの条件さえクリアすれば、後は日本人と同じように審査を受けることができます。審査基準に関しては、外国人と日本人とで特別な差があるわけではありません。

 

あくまでその人の金融面での属性を元に判断されますから、この国の出身者は信用できなさそうだとか、この国の出身者であればきっと真面目に違いないなどといった差別的な取り扱いをされることはありません。

 

収入がどの程度あるか、それは将来的にも安定していそうかということの他、家族構成や持ち家の有無、それに過去に借りたお金をきちんと返済していたかどうかなど、外国人であっても審査される項目やその内容としては日本人が審査を受ける場合と全く同じと考えてよいでしょう。

関連ページ

公務員・会社員に銀行カードローンをすすめる理由
収入が安定している公務員や会社員(正社員)が借りるなら銀行カードローンがおすすめ!と言われる理由について解説。人気のカードローンや即日融資キャッシングもご紹介します。
専業主婦でも申し込めるカードローンはあるの?
仕事をしていない専業主婦が申し込めるカードローンについて解説しています。申し込む際の注意点や旦那の承諾、提出書類など、専業主婦が気になる情報をまとめました。
年金受給者が借りれるカードローンと年金担保融資
年金を受給している人がお金を借りられる方法をご紹介!銀行カードローンや消費者金融、年金を担保にした融資制度について、それぞれの特徴や申込方法をご案内しています。
個人事業主・自営業がお金を借りる方法
個人事業主や自営業、フリーランスの人がお金を借りられる公的制度やカードローン、キャッシングをご紹介しています。資金繰りや生活費に悩んでいる人必見の情報です!
パート・アルバイトがお金を借りるポイント
パートやアルバイトでもOKな借入先はどこ?申し込む時の注意点やポイントは?などの疑問にお答えします。安心して借りられる人気の最新カードローン情報も公開中です!
派遣や契約社員が申し込めるカードローン
正社員じゃなくても借りられるカードローン・キャッシングをご紹介!「今日中に借りたい」「スマホだけで借りたい」「家族に内緒にしたい」などの希望に合った借入先を紹介しています。
学生だってお金を借りたい!おすすめ借入先
大学生でも安心して申し込めるカードローン・キャッシングを公開しています。申込に必要な条件や用意する書類など、初めて申し込む学生向けの情報満載です!
水商売でも借りれるカードローン比較
夜の仕事をしているキャバ嬢やホストの人はお金を借りられるのか?調べてみました。審査通過のポイントや人気カードローンを比較してご紹介しています。