お金借りる 学生 借入先

学生がお金を借りるのに使える知識と情報

学生でもお金が借りられる方法はいくつかあります。

 

もっともその方法のなかにも条件が含まれていることがあり、まったくのフリーハンドというわけではありません。そこで銀行や消費者金融、その他カード会社などが提供するカードローンやキャッシングなどのパンフレットや公式ウェブサイトの記述をよく確認しておいて、見込みがありそうなところだけに申し込みをする姿勢がたいせつです。見込みがないところに申し込みをしても、申し込みをした事実が残るだけで、何もメリットはありません。

 

まずは一般的な銀行や消費者金融などのカードローンやキャッシングですが、申し込み時点で満20歳以上といった年齢条件が掲げられているケースが大半です。

 

そのため大学生でこの年齢条件はクリアしていて、しかも別の条件にあたる安定継続した収入があることを満たしているのであれば、学生とはいってもお金が借りられる可能性が高いといえます。その際には収入と返済のバランスが特に重要で、アルバイトなどで稼ぐことができる収入と比較して、あまりにも大きな融資希望枠を希望したとしても、審査によって認められないおそれがあります。また消費者金融では50万円を超える貸し付けになると収入証明書の提出が必要になりますので、この金額以下になるのが普通です。

 

そのほかには学生ローンと呼ばれている特別なローンも存在しています。学生ローンであれば年齢的には18歳以上であれば申し込みが可能ということが多く、その点では一般的なカードローンやキャッシングとは一線を画しています。

 

そうはいっても親を保証人として立てる必要があるなどの、いくつかのハードルをクリアしなければならないこともあり、使い勝手としてはそれほど簡単にはいかないおそれもあります。また学生ローンの場合には、そもそも取り扱っている会社がそれほど多くはありませんので、条件がよい会社を探し当てることができるかどうかもひとつのポイントです。

関連ページ

公務員・会社員に銀行カードローンをすすめる理由
収入が安定している公務員や会社員(正社員)が借りるなら銀行カードローンがおすすめ!と言われる理由について解説。人気のカードローンや即日融資キャッシングもご紹介します。
専業主婦でも申し込めるカードローンはあるの?
仕事をしていない専業主婦が申し込めるカードローンについて解説しています。申し込む際の注意点や旦那の承諾、提出書類など、専業主婦が気になる情報をまとめました。
年金受給者が借りれるカードローンと年金担保融資
年金を受給している人がお金を借りられる方法をご紹介!銀行カードローンや消費者金融、年金を担保にした融資制度について、それぞれの特徴や申込方法をご案内しています。
個人事業主・自営業がお金を借りる方法
個人事業主や自営業、フリーランスの人がお金を借りられる公的制度やカードローン、キャッシングをご紹介しています。資金繰りや生活費に悩んでいる人必見の情報です!
パート・アルバイトがお金を借りるポイント
パートやアルバイトでもOKな借入先はどこ?申し込む時の注意点やポイントは?などの疑問にお答えします。安心して借りられる人気の最新カードローン情報も公開中です!
派遣や契約社員が申し込めるカードローン
正社員じゃなくても借りられるカードローン・キャッシングをご紹介!「今日中に借りたい」「スマホだけで借りたい」「家族に内緒にしたい」などの希望に合った借入先を紹介しています。
外国籍の人がカードローンに申し込む
外国籍でもカードローンに申し込めるのか?審査に影響はないのか?など、外国人が借入する上で気になる情報をまとめてご紹介。おすすめのカードローン情報もあります!
水商売でも借りれるカードローン比較
夜の仕事をしているキャバ嬢やホストの人はお金を借りられるのか?調べてみました。審査通過のポイントや人気カードローンを比較してご紹介しています。