お金借りる 個人事業主 自営業

自営業と個人事業主がカードローンを利用するには…

自営業やフリーランスと呼ばれるものは、いわゆる個人事業主になります。

 

独立したり起業したりしてその立場になることも多いと思いますが、信用力という面でみれば不安定な収入ということもあり、低く見られがちです。特に銀行のカードローンやクレジットカードなどは審査に通らないケースもあります。ただ近年は雇用の多様化から、昔と比べると審査に通る可能性は増えており、十分な収入があれば利用することも不可能ではありません。

 

自営業やフリーランスでお金を借りる場合には、一般のカードローンやキャッシングを利用するか事業主向けのローンを利用する方法があります。一般個人向けでは申し込みのさいに本人確認書類のほか収入を証明する書類が必要です。会社に勤めていれば不要なケースもありますが、個人事業主の場合には納税証明書になります。これはどれだけの税金を納めたかを証明するものですが、同時にその人の経済的な余力を証明するものにもなります。なお、ここで借りられるお金はあくまでも個人が利用するためのものであり、事業資金に使うことは規約で禁じられています。

 

一方で事業者向けローンの場合には、法人化している場合でも利用することができるものです。審査では代表者の信用力のほか法人の信用力が審査されるもので、事業用途に使うことも可能です。個人事業主としての収入が少なくても法人として経営が安定している場合には審査に通りやすくなります。事業者向けローンではビジネスローンと呼ばれるものもあり、この場合には個人向けのカードローンのように利用限度額を設定しておきいつでもお金を借りることができるもので、緊急時の資金調達にも使うことができます。

 

審査に通るポイントとしては無理のない限度額を希望することです。特に最初は信用力がありませんから高い金利での借り入れとなりますが、実績を積み重ねることで信用力を高めることができ、金利を引き下げることもできます。

関連ページ

公務員・会社員に銀行カードローンをすすめる理由
収入が安定している公務員や会社員(正社員)が借りるなら銀行カードローンがおすすめ!と言われる理由について解説。人気のカードローンや即日融資キャッシングもご紹介します。
専業主婦でも申し込めるカードローンはあるの?
仕事をしていない専業主婦が申し込めるカードローンについて解説しています。申し込む際の注意点や旦那の承諾、提出書類など、専業主婦が気になる情報をまとめました。
年金受給者が借りれるカードローンと年金担保融資
年金を受給している人がお金を借りられる方法をご紹介!銀行カードローンや消費者金融、年金を担保にした融資制度について、それぞれの特徴や申込方法をご案内しています。
パート・アルバイトがお金を借りるポイント
パートやアルバイトでもOKな借入先はどこ?申し込む時の注意点やポイントは?などの疑問にお答えします。安心して借りられる人気の最新カードローン情報も公開中です!
派遣や契約社員が申し込めるカードローン
正社員じゃなくても借りられるカードローン・キャッシングをご紹介!「今日中に借りたい」「スマホだけで借りたい」「家族に内緒にしたい」などの希望に合った借入先を紹介しています。
学生だってお金を借りたい!おすすめ借入先
大学生でも安心して申し込めるカードローン・キャッシングを公開しています。申込に必要な条件や用意する書類など、初めて申し込む学生向けの情報満載です!
外国籍の人がカードローンに申し込む
外国籍でもカードローンに申し込めるのか?審査に影響はないのか?など、外国人が借入する上で気になる情報をまとめてご紹介。おすすめのカードローン情報もあります!
水商売でも借りれるカードローン比較
夜の仕事をしているキャバ嬢やホストの人はお金を借りられるのか?調べてみました。審査通過のポイントや人気カードローンを比較してご紹介しています。