お金借りる 水商売 カードローン

キャバ嬢などの水商売でも使えるカードローン特集

夜職や水商売の人でもカードローンやキャッシングでお金を借りることはできます。

 

ただし、公務員や会社員の人よりはハードルが高くなるというか、気をつけておかないといけない点があります。どんなカードローンやキャッシングでも、お金を借りられる人の条件としては安定した収入があることとされています。この安定した収入というのは、毎月の収入が高いか低いかとは直接の関係がありません。安定という言葉のとおり、収入が月によって大きく変動しないという意味です。

 

公務員や会社員の場合は、この点で心配するようなことはまずないでしょう。もともと月給制で働いているのですから毎月の収入は一定しているはずです。残業などにより多少の変動はあるかもしれませんが、大幅な変動というのはあり得ないでしょう。ところが夜職や水商売の人は事情が大きく異なります。

 

月給制ではなく歩合制で働いている人が多いでしょう。毎月の勤務時間がほぼ同じであっても、月によって売上げが大きく異なり、その結果収入も大きく変動する可能性があります。

 

これは仕事の性質上仕方のないことで、だから夜職や水商売という仕事はいけないなどというつもりは全くありませんが、お金を貸す側からみれば大きな不安要素になります。

 

この人はいくらくらいのお金までであれば無理なく返してもらえそうだということを見積もった上で貸すことになるわけですが、毎月の収入の変動が大きくては見積もりが困難です。勢い、最低限どれくらいの収入が見込めるのかというラインを元にして判断することになってしまい、結果として融資できる金額が非常に少なくなってしまうこともあります。

 

ですので、夜職や水商売の人が気をつけるべきことは、できるだけ毎月の収入の変動が少なくなるようにすることと、最も収入が少ないときの金額をできるだけ底上げするようにしておくこととなります。これは言うは易くかもしれませんが、意識しているだけでも少しは違うでしょう。

関連ページ

公務員・会社員に銀行カードローンをすすめる理由
収入が安定している公務員や会社員(正社員)が借りるなら銀行カードローンがおすすめ!と言われる理由について解説。人気のカードローンや即日融資キャッシングもご紹介します。
専業主婦でも申し込めるカードローンはあるの?
仕事をしていない専業主婦が申し込めるカードローンについて解説しています。申し込む際の注意点や旦那の承諾、提出書類など、専業主婦が気になる情報をまとめました。
年金受給者が借りれるカードローンと年金担保融資
年金を受給している人がお金を借りられる方法をご紹介!銀行カードローンや消費者金融、年金を担保にした融資制度について、それぞれの特徴や申込方法をご案内しています。
個人事業主・自営業がお金を借りる方法
個人事業主や自営業、フリーランスの人がお金を借りられる公的制度やカードローン、キャッシングをご紹介しています。資金繰りや生活費に悩んでいる人必見の情報です!
パート・アルバイトがお金を借りるポイント
パートやアルバイトでもOKな借入先はどこ?申し込む時の注意点やポイントは?などの疑問にお答えします。安心して借りられる人気の最新カードローン情報も公開中です!
派遣や契約社員が申し込めるカードローン
正社員じゃなくても借りられるカードローン・キャッシングをご紹介!「今日中に借りたい」「スマホだけで借りたい」「家族に内緒にしたい」などの希望に合った借入先を紹介しています。
学生だってお金を借りたい!おすすめ借入先
大学生でも安心して申し込めるカードローン・キャッシングを公開しています。申込に必要な条件や用意する書類など、初めて申し込む学生向けの情報満載です!
外国籍の人がカードローンに申し込む
外国籍でもカードローンに申し込めるのか?審査に影響はないのか?など、外国人が借入する上で気になる情報をまとめてご紹介。おすすめのカードローン情報もあります!