お金借りる 年金受給者 借りれる

年金担保融資とは?年金受給者がお金を借りる方法

年金受給者であってもカードローンやキャッシングでお金を借りることはできるのでしょうか。

 

これは若干微妙なところもあるのですが、一般の消費者金融や銀行では年金のみを収入としている人が融資を受けるのは難しいというのが答えになります。

 

理由としては、一つは年齢制限です。金融機関によっても異なりますが、申し込みができる人の条件は65歳までとか69歳までなどとなっていることが多く、70歳以上の人はそもそも申し込むことができません。年金生活者は高齢者であることが普通ですから、まず年齢の点で融資が難しくなってしまうわけです。

 

また、明確に年金担保融資はできないとしている金融機関もあります。融資のためには収入が必要ですが、この収入とは勤労収入に限り、年金収入は収入と見なさないとしている金融機関です。年金受給者だから融資ができないわけではなく、受給者であっても別に仕事をしていて勤労収入もある人であれば申し込めますが、収入が年金だけの人は申し込めません。

 

銀行によっては年金のみを収入とする人でも申し込めるところもありますが、かなり例外的な存在に留まっています。やはりお金を貸すほうとしては、年齢や収入金額の面で返済できるかどうかが不安だということでしょう。

 

年金受給者であっても確実に申し込むことができるのは、公的な融資です。日本では2つの公的機関が年金担保融資を受け付けています。

 

一つは独立行政法人福祉医療機構、もう一つは日本政策金融公庫です。

 

いずれも公的な機関ですから安心ですし、金利も低くなっています。ただし審査に時間がかかります。民間の消費者金融や銀行カードローンのように即日融資も可能などということはありません。申し込みから融資まで1ヵ月近くかかることもあります。また、連帯保証人が必要です。

 

公的な機関としてはこの2つだけなのですが、紛らわしい名前を用いていかにも公的な機関であるかのように装って融資を持ちかける悪質な会社もありますので、注意が必要です。

関連ページ

公務員・会社員に銀行カードローンをすすめる理由
収入が安定している公務員や会社員(正社員)が借りるなら銀行カードローンがおすすめ!と言われる理由について解説。人気のカードローンや即日融資キャッシングもご紹介します。
専業主婦でも申し込めるカードローンはあるの?
仕事をしていない専業主婦が申し込めるカードローンについて解説しています。申し込む際の注意点や旦那の承諾、提出書類など、専業主婦が気になる情報をまとめました。
個人事業主・自営業がお金を借りる方法
個人事業主や自営業、フリーランスの人がお金を借りられる公的制度やカードローン、キャッシングをご紹介しています。資金繰りや生活費に悩んでいる人必見の情報です!
パート・アルバイトがお金を借りるポイント
パートやアルバイトでもOKな借入先はどこ?申し込む時の注意点やポイントは?などの疑問にお答えします。安心して借りられる人気の最新カードローン情報も公開中です!
派遣や契約社員が申し込めるカードローン
正社員じゃなくても借りられるカードローン・キャッシングをご紹介!「今日中に借りたい」「スマホだけで借りたい」「家族に内緒にしたい」などの希望に合った借入先を紹介しています。
学生だってお金を借りたい!おすすめ借入先
大学生でも安心して申し込めるカードローン・キャッシングを公開しています。申込に必要な条件や用意する書類など、初めて申し込む学生向けの情報満載です!
外国籍の人がカードローンに申し込む
外国籍でもカードローンに申し込めるのか?審査に影響はないのか?など、外国人が借入する上で気になる情報をまとめてご紹介。おすすめのカードローン情報もあります!
水商売でも借りれるカードローン比較
夜の仕事をしているキャバ嬢やホストの人はお金を借りられるのか?調べてみました。審査通過のポイントや人気カードローンを比較してご紹介しています。