お金借りる 専業主婦 カードローン

専業主婦でも申し込み受付しているカードローンについて

専業主婦がカードローンを利用するためには、まず「総量規制対象外」が1つ目のポイントです。現在あるカードローンは大きく銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの2つに分けることができるのですが、このうち消費者金融系カードローンは「総量規制対象」となってしまうため、契約者本人の年収に対して1/3を超える借り入れはできません。専業主婦は年収0円ですから、必然的に総量規制対象カードローンの契約ができないことが確定します。

 

しかし、銀行系カードローンは総量規制対象外のため、年収によって明確な借り入れ制限はありません。誰もが際限なくお金を借りることができるというわけではないものの、年収0円の専業主婦でも審査次第でお金を借りられる可能性があります。法律上の可能性があるかどうかという点で選択肢を限定する必要があるため、まずはこの点をよく確認して申し込むことが必要です。

 

カードローンは、審査を申し込んだ時点で「信用情報機関」へ情報照会が行われます。いわゆる簡易審査の場合はその限りではありませんが、本格的な審査申し込みの場合は必ずこの確認があり、その際に「最後はいつ確認したのか」を確認され、直近でその履歴があると「申し込みブラック」という状態になってしまう恐れがあります。この状態になると、本来は問題なく契約できる状態でも敬遠されてしまうようになるため、これを避ける意味合いで不要な申し込みをしないことが求められるわけです。

 

総量規制対象外のカードローン(銀行系カードローン)を選び、その中でも「配偶者貸付」という制度が利用できるかどうかをよく確認して申し込み先を決めます。直接銀行に問い合わせてみる方法が最も確実ですが、それが難しい場合はインターネット上にある利用者の体験談などを参考に可能性を推測しましょう。申し込みに際して「同意書」の提出を求められますが、必ず直筆でなければならないというもの以外は代筆で問題ありません。

関連ページ

公務員・会社員に銀行カードローンをすすめる理由
収入が安定している公務員や会社員(正社員)が借りるなら銀行カードローンがおすすめ!と言われる理由について解説。人気のカードローンや即日融資キャッシングもご紹介します。
年金受給者が借りれるカードローンと年金担保融資
年金を受給している人がお金を借りられる方法をご紹介!銀行カードローンや消費者金融、年金を担保にした融資制度について、それぞれの特徴や申込方法をご案内しています。
個人事業主・自営業がお金を借りる方法
個人事業主や自営業、フリーランスの人がお金を借りられる公的制度やカードローン、キャッシングをご紹介しています。資金繰りや生活費に悩んでいる人必見の情報です!
パート・アルバイトがお金を借りるポイント
パートやアルバイトでもOKな借入先はどこ?申し込む時の注意点やポイントは?などの疑問にお答えします。安心して借りられる人気の最新カードローン情報も公開中です!
派遣や契約社員が申し込めるカードローン
正社員じゃなくても借りられるカードローン・キャッシングをご紹介!「今日中に借りたい」「スマホだけで借りたい」「家族に内緒にしたい」などの希望に合った借入先を紹介しています。
学生だってお金を借りたい!おすすめ借入先
大学生でも安心して申し込めるカードローン・キャッシングを公開しています。申込に必要な条件や用意する書類など、初めて申し込む学生向けの情報満載です!
外国籍の人がカードローンに申し込む
外国籍でもカードローンに申し込めるのか?審査に影響はないのか?など、外国人が借入する上で気になる情報をまとめてご紹介。おすすめのカードローン情報もあります!
水商売でも借りれるカードローン比較
夜の仕事をしているキャバ嬢やホストの人はお金を借りられるのか?調べてみました。審査通過のポイントや人気カードローンを比較してご紹介しています。