お金借りる 審査 流れ

カードローン申し込みの流れ

家計を預かる専業主婦や大学生、会社員などは、家電や家具が突然壊れてしまったり、家族が急病になるなどお金が必要になることが多いです。

 

なるべく低金利で融資を受けたい人は銀行カードローンがお勧めです。
大手銀行の場合は店頭はもちろん、郵送や電話、インターネットから申し込みが出来ますが、最短で融資を受けたい場合はインターネットのWEB上から申し込みをすると良いでしょう。

 

申し込みの流れは運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの身分証明書が必要ですし、50万円以上の融資を希望している場合は収入証明書の提出が必要です。

 

インターネットのWEB上から申し込む方法は、午前中に申し込んでおくと最短で即日融資が受けられます。
即日融資を希望している人の注意点は、地方銀行の場合は即日融資に対応をしていない場合があるので、事前に確認をしておきましょう。
大手銀行の場合はほとんどの金融機関が即日融資に対応をしています。

 

収入のない専業主婦の場合は、配偶者の収入を証明する書類が必要なので、事前に準備をしておきましょう。
最短で30分から、40分で審査結果がわかるので、近くの自動契約機に足を運んでカードを発行してもらって下さい。

 

カードローン申し込みに必要なモノ

銀行系カードローンを契約する場合でも大手消費者金融のキャッシングサービスを利用する場合でも基本的には契約の際には幾つかの書類を提出しなければなりません。

 

これらの金融サービスは無担保型のローンであるため連帯保証人や担保などは基本的に必要ありませんが、具体的にどのような書類を用意しなければならないのかについて解説を行っていきます。

 

銀行系カードローンや大手消費者金融のキャッシングを契約する際の必要書類として真っ先に挙げられるのが身分証明書類です。身分証明書類は運転免許証やマイナンバーカード、住基カード等の住所と顔写真が入っているものが求められるケースが多く、これらの書類であれば基本的に大丈夫です。

 

もしもこれらの書類がない場合には健康保険証でも大丈夫な場合がありますが、印鑑証明書などの書類を追加で求められることもあります。

 

また利用限度額を高めに設定して申し込みをした場合には収入証明書類の提出も求められます。収入証明書類は会社員であれば源泉徴収票や直近の給料明細で大丈夫ですし、自営業者であれば確定申告書や課税証明書などを提出すれば良しとされています。

 

なお銀行系カードローンの場合は加えて口座開設も必須となっているケースが多くみられます。

 

カードローンやキャッシングの審査について

銀行や消費者金融会社のキャッシングサービスを利用するためには、申込み後お金を借りる審査を受ける必要があります。

 

審査は申込時に記入した個人情報や身分証明書を元に、申込者のお金の流れをチェックしていきます。具体的には借金を経験しているであるとか、特定の支払いを遅延させた経験がないか、などで特定の会社に登録された情報と見比べて行き舞う。

 

過去に借金や遅延などお金のトラブルを起こしていない場合は、途中で止まることなく最終手続きまで進むことでしょう。

 

しかし、トラブルを現在進行系で抱えていた場合、審査通らない場合があります。そうなってしまった場合、キャッシングサービスの利用を開始することはできないため、別の方法を探す必要があるんです。

 

その時、もし可能であれば審査が甘い消費者金融会社や会社を選び、再度申込みを行ってみると通過できる場合があります。

 

審査が甘いところはインターネットを使えば簡単に調べられます。いずれにしても審査を無事に通過することができれば、キャッシングサービスの利用を開始することができ、お金を調達することが可能となります。

 

まずは、審査を通過できるように、審査の甘いところと、自身のデータを把握することから始めると良いでしょう。